• 無料相談会
  • ドナー募集中

ロサンゼルス(LA)での卵子提供の費用について

必要な治療項目をすべて含んだ費用設定。不透明な「追加費用」 は発生しましせん。高い成功率のクリニックでのプログラムをこの価格 で実現しているエージェントは他にありません。ぜひご検討ください。

 

プログラム費用の合計:480万円

プログラム費用の内訳は以下の通りです。

レシピエント医療費:150万円

クリニックとの各種調整にかかる料金、検査費用、アシステッド・ハッチング、移植後に必要なホルモン補充薬料金、 クリニックにおけるコンサルティング料金、不妊治療としての料金、 各種薬品処方料金、1年間の受精卵凍結保存料、顕微授精費用、 精子採精・検査・1年間の凍結保管料 

ドナー費用:280万円

エッグ・ドナー専用保険加入費用および海外旅行保険代・海外旅行保険費用、ドナー募集・登録管理のための費用、ドナーへの謝礼金、事前検査費用、 ドナーの移動にかかる交通費、海外へのフライト代、プログラム期間中の 宿泊費、ドナーの採卵にかかる排卵誘発剤等薬代、ドナー採卵費用

エージェンシー費用:50万円

通訳料、現地スタッフに係る費用、現地でのアテンド費用 エッグバンク運営・維持費用(エッグドナー募集・登録・管理)、 カウンセリング費用、ドキュメントの翻訳費用

 

その他の費用

着床前診断費用(6個まで):50万円

第一回お支払額に加算します。 追加検査の場合 1個につき約4万円が必要です。

採卵補償のための費用:50万円

第一回お支払額に加算します。 適用されるのは次のケースです。

・国内事前検査でドナー不適格となった場合

・ハワイでドナーの感染症が判明した場合

・採卵前でドナーが採卵誘発中に、クリニックから平均的な 採卵数と比較して「非常に少ないと予想される」と指摘が あった場合。

採卵完了した場合には採卵数にかかわらず、 補償は適用されません。

 

お支払い方法

第1回お支払い プログラム費用の半額 240万円

*着床前診断費用 70万円  *採卵補償の為の費用 40万円 (*はご希望の場合)

第2回お支払い(ドナー渡航時) プログラム費用の半額 240万円

プログラムに 含まれないもの= ご夫妻にかかる海外フライト代、宿泊費・交通費 現地での食事代・国内で必要となる各種検査費用 妊娠判定後にかかる費用

 

再移植費用

プログラム完了後、「余剰胚」がある場合に、2回目以降の移植を 行う場合の費用です。例えば:残念ながら1回目で妊娠・出産に 至らなかった時、初回の移植でご出産され、第二子・第三子をご希望の時。

レシピエント医療費:60万円

エージェンシー費用:20万円

 

注意事項

・消費税は別途かかります。

・為替レートの急激な大幅変動、提携先クリニックの費用設定や 薬剤費用等が改定される場合もある為、その際には上記料金を 変更させていただきます。

 ・海外のクリニックの診療報酬や薬価が改定された場合には 料金が変更されます。

・弊社では現地スタッフが空港までの送迎を行います。 ご希望により、送迎不要の場合でもプログラム費用の変更はありません。

 

ロサンゼルス(LA)の提携医療機関について

リプロパートナーズでは綿密な医療機関の調査や現地訪問を行い、実績のあるパートナークリニック機関と提携しています。

LACFG

1987年設立のロサンゼルスにあるクリニック

CFGは1987年にドクター・マイケル・バーメッシュによって設立され、1990年にエンシノに移転して「生殖医療不妊治療センター」と名称を変更しました。不妊治療の分野において目覚ましい成功率を達成し続けて西海岸でトップレベルの生殖医療センターとしての名声を得ました。
その後1996年に現在のターザーナの住所に移転しました。CFGはサンフェルナンド・バレーでは最大の生殖医療センターで、まれに見る成功率と困難な事例に取り組む姿勢で、米国のカップルはもちろん、国外のカップルの家族を持ちたいとの夢に応えています。

2009年5月にはクリニックを全面改装し、近代化した施設に生まれ変わっています。リラックス空間とエキスパートの高い医療技術、完全なサポート体制を統合したサービスを受けられるすばらしいクリニックです。
近年、CFGはターザーナのクリニックからほど近い場所にラボも開設しました。ご主人様が採精をするコレクション・ルーム、顕微授精の装置、インキュベータなど最新鋭の設備を備えた培養室、受精卵や精子の保管室が完備されています。
なかでも採光のある明るい診察室は、培養室のすぐ隣にあり、胚移植が最適にできるようにと配慮された設計となっていて、Dr. Michaelお気に入りの診察室です。

 

現地において安心できるサポートが充実

Dr. Michaelは20年以上にわたる生殖障害と不妊治療の分野での知識と経験により産婦人科と生殖内分泌学の専門医の認可を受けています。現在も南カルフォルニア大学の特任教授の職に就いています。 CFGでは、エッグ・ドナーが不安なく採卵スケジュールを進行できるよう、渡航前には必ずDr. Michaelがエッグ・ドナーとのSkype面談を実施しています。排卵誘発剤の自己注射の方法をはじめ、プログラムについての詳しい説明、そしてエッグ・ドナーとしての資質も見極める為のSkypeコンサルテーションです。ここにCFGの卵子提供プログラムに対する真摯な姿勢が現れています。

リプロダクションパートナーズでは日本から遠く離れたロスアンゼルスでの治療がご夫婦のストレスなることを十分に理解しているため、ご夫婦の滞在が出来る限り心地よいものとなるようお手伝いさせて頂きます。ロサンゼルス在住のプロダクションパートナーズの日本人女性スタッフがクリニック内でのすべての通訳をするので、Dr. Michaelとのコミュニケーションに関する不安はまったく不要です。 また、移植に最も適した子宮内膜に調整するのに必要な日本で行う検査内容、治療前後の薬剤投与の細やかな変更指示情報についても、弊社がクリニックに正確に伝えてご夫婦をサポートいたします。 アメリカの中で最も気候がよく、温暖ですごしやすい南カリフォルニアのロスアンゼルスで卵子提供プログラムを受けたいと多くの患者さんが希望しているのです。

クリニック概要

クリニック名 CFG(the Center for Fertility and Gynecology)
URL https://www.center4fertility.com
リプロダクションパートナーズ株式会社
卵子提供のご相談はリプロパートナーズへ
営業日
/ /

営業時間:午前10時~午後6時まで

  • 電話予約
  • Web予約

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎3丁目10-2
アイアンドエフ梅田1004

TEL :0120-90-0448
MAIL:info@repro-partners.com

※LINE、Skype、Zoomなどを利用してのオンライン面談が可能です。お気軽にお問合せ下さい。


  • LINEで相談
  • MAP
echo