• 無料相談会
  • ドナー募集中

提携医療機関

実績があり信頼のおけるクリニックをご紹介致します

リプロパートナーズでは綿密な医療機関の調査や現地訪問を行い、実績のあるパートナークリニック機関と提携しています。紹介先を多くせず安心して依頼できる2つのクリニックに厳選しています。

  • ハワイのクリニック
  • ロサンゼルスのクリニック
  • バンコクのクリニック

20年以上の実績を誇るクリニック

リプロダクションパートナーズ がハワイでの卵子提供プログラムで提携しているクリニックは、Fertility Institute of Hawaii(ファーティリティー・インスティチュート・オブ・ハワイ)です。以下FIHと呼びます。 FIHは有名なショッピングセンターであるアラモアナセンターから北へ1キロメートルほどの所にあり、とても便利な場所にあります。

 

FIHは、不妊に悩むご夫婦の体外受精と不妊治療に20年以上の実績を持ち、世界的に有名な医師であるジョン L. フラタレリ医師(Dr. John L. Frattarelli) によって設立されました。 Dr. Johnは10年連続でハワイのトップドクターの一人として選ばれました。 これは毎年ホノルル・マガジンが選んだものです。 ホノルル・マガジンはハワイで創刊130年以上を誇り、ハワイで最も信頼のできる情報を、最高の教育を受けた豊かな住民と、ハワイを訪れる洗練された人々向けに発信している権威のある雑誌です。 Dr. John はハワイ大学をはじめ、世界でも有数の規模と権威を誇る医療機関の医師として活躍され、アメリカ本土でも最も優秀かつ貴重な研究者としても名前を知られています。 Dr. Johnは生殖内分泌、不妊診断と治療技術の熱心な研究者であると共に、FIHにおいては永年に渡って培った知識と経験に基づいて、最新設備を使った素晴らしい治療を実践しています。

 

研究者として素晴らしいだけではなく、人格的にも優れ、心から尊敬できる医師として多くのご夫婦からの絶大な信頼が寄せられています。 このようにリプロダクションパートナーズの提供するハワイの卵子提供プログラムでは臨床経験豊かな生殖内分泌学・生殖医療の第一人者であるDr. John が、このプログラムに参加したご夫婦を親切に診察、治療します。

現地において安心できるサポートが充実

FIHではご夫婦が安心して治療・卵子提供を受けられるよう、日本語のできる正看護師の資格を持つ体外受精コディネーターが常駐しています。またリプロダクションパートナーズでは、現地在住の日本人女性スタッフが、ホノルル空港からホテルへの送迎をはじめ、ホテルからクリニックへの送迎も行います。またクリニックへも同行し、院内での通訳も行います。 その他、観光のご案内など、ご夫婦の滞在が出来る限り心地よいものとなるようお手伝いさせていただいています。 リプロダクションパートナーズでは、卵子提供プログラムの最大のポイントである凍結胚移植に向けて最も適した子宮内環境に調整するため、弊社のコーディネーターが、日本で行う検査内容、治療前後の薬剤投与の細やかな変更指示情報についてもクリニックに正確に伝えてご夫婦をサポートしています。

クリニック紹介動画

1987年設立のロサンゼルスにあるクリニック

CFGは1987年にドクター・マイケル・バーメッシュによって設立され、1990年にエンシノに移転して「生殖医療不妊治療センター」と名称を変更しました。不妊治療の分野において目覚ましい成功率を達成し続けて西海岸でトップレベルの生殖医療センターとしての名声を得ました。
その後1996年に現在のターザーナの住所に移転しました。CFGはサンフェルナンド・バレーでは最大の生殖医療センターで、まれに見る成功率と困難な事例に取り組む姿勢で、米国のカップルはもちろん、国外のカップルの家族を持ちたいとの夢に応えています。

 

2009年5月にはクリニックを全面改装し、近代化した施設に生まれ変わっています。リラックス空間とエキスパートの高い医療技術、完全なサポート体制を統合したサービスを受けられるすばらしいクリニックです。
近年、CFGはターザーナのクリニックからほど近い場所にラボも開設しました。ご主人様が採精をするコレクション・ルーム、顕微授精の装置、インキュベータなど最新鋭の設備を備えた培養室、受精卵や精子の保管室が完備されています。
なかでも採光のある明るい診察室は、培養室のすぐ隣にあり、胚移植が最適にできるようにと配慮された設計となっていて、Dr. Michaelお気に入りの診察室です。

現地において安心できるサポートが充実

Dr. Michaelは20年以上にわたる生殖障害と不妊治療の分野での知識と経験により産婦人科と生殖内分泌学の専門医の認可を受けています。現在も南カルフォルニア大学の特任教授の職に就いています。 CFGでは、エッグ・ドナーが不安なく採卵スケジュールを進行できるよう、渡航前には必ずDr. Michaelがエッグ・ドナーとのSkype面談を実施しています。排卵誘発剤の自己注射の方法をはじめ、プログラムについての詳しい説明、そしてエッグ・ドナーとしての資質も見極める為のSkypeコンサルテーションです。ここにCFGの卵子提供プログラムに対する真摯な姿勢が現れています。

 

リプロダクションパートナーズでは日本から遠く離れたロスアンゼルスでの治療がご夫婦のストレスなることを十分に理解しているため、ご夫婦の滞在が出来る限り心地よいものとなるようお手伝いさせて頂きます。ロサンゼルス在住のプロダクションパートナーズの日本人女性スタッフがクリニック内でのすべての通訳をするので、Dr. Michaelとのコミュニケーションに関する不安はまったく不要です。 また、移植に最も適した子宮内膜に調整するのに必要な日本で行う検査内容、治療前後の薬剤投与の細やかな変更指示情報についても、弊社がクリニックに正確に伝えてご夫婦をサポートいたします。 アメリカの中で最も気候がよく、温暖ですごしやすい南カリフォルニアのロスアンゼルスで卵子提供プログラムを受けたいと多くの患者さんが希望しているのです。

バンコク中心部にあるクリニック

リプロダクションパートナーズ がバンコクでの卵子提供プログラムで提携しているクリニックは、LaVida Advanced Fertility & Genetics Center(ラビーダ・アドバンスド・ファーティリティ・アンド・ジェネティクス・センター)です。以下ラビーダと呼びます。
ラビーダはスペイン語で「命」を意味します。ラビーダではすべての不妊に悩むカップルが、新しい家族を迎えられる機会を持つことができるように、最新の不妊治療技術や治療を提供しています。
ラビーダは、バンコク中心部にある高層ビル、ゲイソンタワーにあります。
BTS(スカイトレイン)というバンコクの中心部を走る、とても便利な高架鉄道の「チットロム駅」から、スカイウォークで直結しており、徒歩5分です。クリニックからの徒歩圏内には、ホテル、ショッピングセンター、レストランなどがあり、ラビーダはとても利便性の高い場所に位置しています。道を挟んで向かい側には伊勢丹もあります。

タイは不妊治療のパイオニア

タイは不妊治療のパイオニアであり、常に世界の不妊治療技術をいち早く導入しています。
30年以上にわたる不妊治療の研究や実績により、タイには経験豊富な医師や研究者などが多く、その医療水準は世界的もとても高いことで知られています。
ラビーダのチームメンバーは、世界中からの集められた専門家です。不妊治療をされているご夫婦に、最良の治療を提供するためにベストを尽くします。
ラビーダでは、着床前遺伝子検査 (PGT-A/PGT-M) などの最新技術、次世代シーケンシング (NGS) を取り入れていますので、遺伝的疾患や染色体障害のリスクを大幅に軽減できます。
そしてなによりも、ラビーダではレシピエントご夫婦のケアとコミュニケーションが、最大の結果の鍵であると信じて、初日から最後まで世話をする専任の患者ケアチームがあります。
リプロダクションパートナーズでは日本から遠く離れたバンコクでの治療が、出来る限り心地よいものとなるように、バンコク在住の看護師資格を持った、日本人女性スタッフが現地でのアテンドとクリニック内での通訳をしますので、治療に関する不安はまったくありません。移植に際し日本で行う検査の内容や、投薬の細やかな指示情報についても、弊社がクリニックとご夫婦の橋渡しをしてご夫婦をサポートいたします。

クリニック紹介動画

リプロダクションパートナーズ株式会社
卵子提供のご相談はリプロパートナーズへ
営業日
/ /

営業時間:午前10時~午後6時まで

  • 電話予約
  • Web予約

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎3丁目10-2
アイアンドエフ梅田1004

TEL :0120-90-0448
MAIL:info@repro-partners.com


  • LINEで相談
  • MAP